Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

そんなあなたのこんなおはなし Vol.7

2008
02
04
ring
これは『そんなあなたのこんなおはなし』の続きです。

まだお読みになっていない方は先にこちらををお読みください。

そんなあなたのこんなおはなし Vol.1  Vol.2 Vol.3 Vol.4  Vol.5  Vol.6


**************

「わかった」


Aマネージャーがすごく感激したような目でワタシを見ている。
「Dさん(←ワタシ)がこんなに情に厚い人だとは思わなかったよ。この件は彼女の了解をもらってから、E料理長と協議して本社に掛け合うから。
じゃ、早速話を進めるよ。どうもありがとう!」

というや否や、さっさと出張に行ってしまった。


へっ!?

Aマネージャーの思わぬ返答にびっくりしていた。
こんなワタシが情に厚いって??
それって、勘違いだってば!!



そうと決まれば展開は速かった。


Aマネージャーは即効本社に掛け合って、本当に全国の店舗に募金を呼びかけることが決まったんだ。


ワタシは本当に募金に賛同してくれる人が出るかどうか気がかりだった。
ワタシは言いだしっぺだからもちろん出すとしても。

最初に行動を起こすって勇気がいるじゃないですか。
その最初の一人が出てくれれば、じゃあ、私も、私もって後についてくれる人がわさわさ出てくるんだけど。。。


しかし、それもすぐに杞憂に終わる。
募金の話が本格的に社内に流れる前にぽんっと寄付してくれた人がいた。
なんと、あの冷たいって思っていた本社のCさんだった。

Cさんにお礼の電話をかける。
Cさんは僕以外にもすぐに募金してくれた人がいるよ、それもたくさんね。と言った。
その人物はなんとうちの社長だったんだ。


店内でも募金が始まった。
すぐに募金をしてくれるコたちがわさわさ出てきた。
皆、本気で彼女を心配してくれていた。
Bちゃんにはお世話になっているからなにか役に立ちたかったんだといってくれた。
アルバイトさんでさえ、快く募金してくれた。そこにBちゃんの人望がうかがえた。



その後もAマネージャーは驚くべき行動に出る。
後で知ったことなのだが、E料理長と一緒に直接Bちゃんの両親のところへ彼女を支えてくれるようお願いに行ったのだ。
前述したとおり、この時Aマネージャーはまだ20代。
まだ若いのに自分とそう年の変わらない、自分の恋人でもない、いちスタッフのために頭下げにいくなんて、すげーよ。そんなヤツはそういないよ。
アンタの優しさはワタシの薄っぺらい偽善とは全然質が違う。
本物だ。



認めるよ、ワタシの負けだ・・・・・・・。完敗。




そして社内で募金が始まった数日後にワタシは退社した。
だから、いくら集まったのかワタシは知らない。



退社の日、Bちゃんはワタシに手紙をくれた。
メールや携帯電話のこの時代に手紙もらうなんてそうないことだ。
手紙には今までにお世話になったこと、今回の件は本当にうれしかった。
そして、「ご結婚おめでとうございます。どうぞお幸せに」と書いてあった。
ワタシは辞職願を出すときに手っ取り早い理由として結婚するんで、といってたんだっけ。
本当は結婚するどころかこれからどうするかすら何も決まってなかったんだけど。

ありきたりと言えば、ありきたりの文章。
ワタシでも結婚する人にあてる手紙なら同じように書くだろう。
Bちゃんにはこれから過酷な運命が待っている。
愛する人がどんどんと弱っていくのを見なければならないという運命が。


この手紙を書いたBちゃんはどんな心境だったんだろう。
これから幸せになるだろう人に送るこの言葉を書くのは本当はつらかったんじゃないだろうか。
そう思うと胸の奥が痛む。

ごめんね、本当はウザイって思ってた。
少しはあなたの役にたてたかな。。


・・・・・





そして、それから3ヵ月後、Bちゃんの彼氏が亡くなった。



(つづく)


 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

wax

(´Д⊂グスン

みんなGJ!ですよ。

そして行動を起こしたDさんが一番のGJです。
思いつきだって行動したからこそ現実になったんです。

そう、思い立ったら即実行です。

2008/02/04 (Mon) 23:57 | ぱとラッシュ #k9MHGdfk | URL | 編集 | 返信

wax

いや、誰よりmarianongさん、グッジョブ!

ホントに7話は泣けて来ましたね。
僕のブログでも紹介させて下さい!よろしければ…

2008/02/06 (Wed) 03:18 | 木村信教 #- | URL | 編集 | 返信

wax

>ぱとラッシュさん、木村さん
コメントありがとうございます。
次回でこのお話は終わりです。
最後までお付き合いくださるとうれしいです。
木村さん、こんなつたないお話でよければ、ご紹介お願いします。。(#^^#)

2008/02/06 (Wed) 19:21 | marianong #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Trackback

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。