Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

見果てぬ夢 11 ~来訪者再び

2009
12
14
ring





2009年7月3日


違和感はずっとあるのだが、それがなんなのかわからなくてずっともやもやしている。


ランチを済ますとMicheから電話。
彼女の友人をヒーリングするので、よかったら一緒にお願いしますとのこと。
その友人というのは私も知っている人だったので、わかりましたといって電話を切った。

あの日からずっと何かと繋がっている。
そのことには大分慣れてきたのだが、最近やたらにエネルギーを外に出したくてしょうがない。
そう思ったらヒーリングの依頼が増えてきた。(苦笑)


頭を切り替えて場を整え、ヒーリングに入る。



・・・・・(ただいまヒーリング中)


よかった。何事もなく無事終了しそうだ。



と思った瞬間、また誰かの気配・・・。





ヒーリングを先に終えて、その気配のする方向へ意識を集中させると、この前来た子だ。
他の子供たちはつれてきていなくて一人のようだ。


しかし!
この前より成長してないかい!?
20代前後・・少なくとも17~18歳かそれ以上。


もしかしたら最初から居たのかも知れない
何かをずっと耐えている。
今にも泣いてしまいそうな感じだが声を殺し泣かないようにこらえている。

何か酷く傷ついて、外に出しても出せない、そんな感じがした。
問いかけてみたが何も言いたくないようだ。
声に出してしまったら泣いてしまうからだろうか。
もしかすると、感情を読まれないように必死で隠そうとしているのかもしれない。




・・・・あぁ~、こりゃ失恋したなぁ・・・



少し反応を見せた。その子が声とか出したわけではないが、私の勘は当たったみたい。
大人の事情だし、そりゃ、年下のお友達(この前一緒に来た存在たち)も連れてこられないわな。


相手はひどく反応した後、ますます落ち込んでしまったようだ。
肉体がそこにあるわけでもないんだけれど、気まずい雰囲気になってしまった。



・・・・え~~っと、どうしたらいいんだろう!?



いくら事情を聞こうとしても何も反応がないので困ってしまった。
このくらいの年頃の男の子を慰めたことなんてないんだよね・・・。
生身の人間だったら、思い切りバカなことを一緒にやればいいのだろうが・・・。
飲酒年齢に達してたら飲みにいくこともできるのだけれど。(お酒はあまり飲めないが。)
泣きたくても泣けないならばなんとかして思い切り泣かせて楽にしてあげようと思ったのだが、果たしてどうやって?


問いかけても何も答えないから、前回と同じ方法でやってみるか・・。


さすがに『ぐりとぐら』は泣けないから、これにした。
これしか他に覚えている話がないんだよね。



ごんぎつね (日本の童話名作選)ごんぎつね (日本の童話名作選)
(1986/09)
新美 南吉

商品詳細を見る



ひとりぼっちのこぎつね「ごん」は、ちょっとしたいたずらの罪ほろぼしに、人間の兵十にせっせと栗やまつたけを運ぶ。いつかは、兵十と友だちになれる日がくると思いながら…。(アマゾン解説より)


小学生のとき私はとても勝気だったのだけれど、授業でこの話を取り上げたときにかなりうるっときて泣いてしまったんだよね。クラスメートも先生もびっくりしていたなぁ。(苦笑)


この話は、またいたずらをしに来たと勘違いした兵十がごんを猟銃で撃ち殺してしまう。そして、毎回栗やまつたけを持ってきてくれていたのがごんだとわかり、後悔の念でいっぱいになるところで終わる。


話が終わるとその子から涙が溢れていた(様な気がした)
心のうちを何をどう整理していいのかわからないといった気持ちがびしびし伝わってくる。
私もどうしていいのかわからなくて、そのまま放っておいた。


しばらくして、少しは落ち着いたかな、と思うと今度は質問攻め。
友達になりたかっただけなのに、殺されてしまうなんて、こんな悲しい話が子供向けなの?主人公が殺されてしまうような話を親は読み聞かせているの?それを聞いて子供は辛くないの?etc、etc・・・。


3回目ともなるとコツがつかめてきた。
言語を話すことで会話をするのではなく、テレパシックでいいんだと思った。



そうだね。こちらは読む本も見る映画も年齢制限があるからね。
特に、小さい子向けのアニメは毒にも薬にもならないなーというのが正直な感想。
善悪がはっきりしている国だからだろうか。

日本では鬼やオバケが出てくるような異次元の話や見終わった後に何か考えさせる話が結構多い。
善悪がはっきりしない、どちらともとれるような話もあるし、悲しい話も少なくない。
そういう話を幼いころから見聞きすることで、疑似体験をし、心の機微や感受性を育てていくのだと私は思う。
疑似体験でも体験は体験だし、心に体験を刻むことで思いやりのある人間になっていくのだろう。


すると、その子は神妙な顔つきになり考え込んでしまった。
もう泣いてはいないようだけど・・。


泣くことで感情を表に出すことができたのなら、もう戻ったらどうかな?
振られた理由は聞かないからさ。
そういったことは友達か兄弟にでも相談しなよ~。


その子はその言葉に少し動揺を見せたので、私は相談する人がいないのかな、と思った。
いらぬことを言ってしまった・・・。(汗)


私も家事をせねばならない時間になったのでほぼ無理やり送り出し、その子と別れた。
繋がっていたものが切れ、私も我に戻る。


夕食の準備をし、入浴を済ませてもあの子のことが気になった。
あの子は動物と人間が本当に友達になれると思っていたのだろうか?とふと思った。

というのは、TVであるシンガーに好きな歌は、とインタビューで聞かれて『ベン』を紹介していたのだけれど、そのシンガーが「あれはねずみの歌なんだけどね、いい歌だと思うわ」と言っていたのだ。
そして、先日友人たちとドライブしていた際、ラジオでこの曲がかかった。
友人の一人が「ねずみと友達になる前に人間の友達作れよな~」って突っ込んでいた。

そのとき、こちらの人たちは動物と人間が友達になれるとは思っていないんだなーと感じたんだっけ。


日本だと動物やおばけやら植物やらと仲良くなる話しもあるし、農家の人や樹医さんなどは野菜や木や動物に話しかけたりしているし、それを見てもへんだとは思わない。


あの子は動物と人間と友達になるなんてありえない、などということは一切言わなかったから感覚が日本人と似てるのかなって思った。
あの年くらいでそんな純粋さを持ったまんまだと、失恋なんてしたら倍、辛いだろうなぁ・・・・。




・・・・もういいや、寝ようっと。




関連記事
スポンサーサイト

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。