Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

見果てぬ夢 15 ~気づき

2009
12
22
ring
2009年7月8日


TVをつけると昨日のmemorialの話題ばかりだった。
特に、最後の娘さんのスピーチがセンセーショナルだったせいか、どの局もこぞって取り上げていた。

しかし、内容は本当の子供かどうかの検証なのだ。
大騒ぎするほどそんなに重要なことか?

私がmemorialでもう一度見たかったシーンがあった。
だからTVでやっていないかなと思ったのだが取り上げられていなかった。
私が見逃しただけかもしれないが、子供の血がどうこうよりも重要なことを言っていたのになぜなんだろうか?







内容は:http://nagomi-etc.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-ca12.html(コピペでお願いします)

その後の経緯については、「表彰」決議案に反対 米下院議長 (クリックで別ページへ)


この議員さんの情熱とメディアの反応の温度差・・。
本来ならこの件についてもっとクローズアップされるべきなのに、メディアは本当の父親かどうかなんてどうでもいいことに騒ぎ立てている。
そんなに彼を変人のままでいてもらいたいんだろうか?


そして、このシーン。





バックに流れるシンボルも気になるところだけれど。
この曲って大分昔に作られたのではなかったっけ。
音楽の教科書で知った人も多いと聞く。
調べるとこの曲は1985年に作られたチャリティーソングだった。


あれから24年もたつけれど、果たしてアフリカの状況は良くなったのか?
平日の午前中に流れている『World Vision』では今でも寄付を求めているのに?



彼の人道家としての功績は称えられず、それを打ち消すような報道ばかり。
死してもなお、変人のイメージを変えようとしないマスコミ。




その瞬間、また画面上に光が走った。



あぁ、そうか。




・・・・・もしかしたら、彼はこの世の仕組みについて知っていたのかもしれない。



関連記事
スポンサーサイト

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。