Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

見果てぬ夢 54 ~Black or white パンサーバージョン

2010
03
30
ring
2009年11月22日



文化的価値観の違いを乗り越えようという歌詞が多くの人に受け入れられ、20カ国以上で1位を獲得。
この曲のショートフィルムでは後半のソロ・ダンスシーンが暴力的過ぎるとして一般放映が中止されるという事態になった。後にそのバージョンのショートフィルムはその部分の映像に黒豹が登場することからパンサー・バージョン(パンサーとは豹属の動物一般のことである)と呼ばれるようになった。セクシュアルなダンスや、人種差別団体の名前やハーケンクロイツが描かれた車や店のガラス窓を破壊するシーンが問題とされたのだが、これに対する批判は多い。なお、この映像は現在ではヨーロッパでは一斉放映が許可されており、マイケルのビデオ作品ではじっくり見ることが出来る。アメリカでは深夜に放映されたという話はあるが、日中に放映されたという話はない。ただ、現在見られるパンサーバージョンは、初期の映像とは若干違っており、窓に書かれた人種差別団体の名前などいくつか修正、今ではそれらの文字は消されている。(wikiより引用)


歌詞はこちら→http://mjwords.exblog.jp/9432016/

**************


 パンサーバージョンに出てくる落書き

「Hitler Lives」 ・・・ヒトラーは生きている。
「Nigger Go Home」 黒人は帰れ
「No More Wetbacks」メキシコ系はいらない

 ハーケンクロイツ

ナチが右卍を党章(いわゆる鉤十字、ハーケンクロイツ)に採用した。
このため、欧米ではかつての幸運のシンボルの意味合いは無くなり、ナチのシンボルとしての意味しかなく、ナチとファシズムのシンボルとして認識されている。
現在もハーケンクロイツは、ネオナチおよび多くの民族主義グループによって使用されている。(ウィキペディアより)

 KKK

クー・クラックス・クラン(英: Ku Klux Klan)は、アメリカ合衆国の秘密結社、白人至上主義団体。KKKと略される。白人至上主義団体とされるが、正確には北方人種を至上とし、黒人やユダヤ人、アジア人、近年においてはヒスパニックなどの他の人種の市民権に対し異を唱え、同様に、カトリックや、左翼団体、同性愛者の権利運動やフェミニズムなどに対しても反対の立場を取っている。
(ウィキペディアより)

 PVの最後に出てくる言葉

Prejudice is Ignorance 「偏見とは無知である」


 当時の反響について



「ブラック・オア・ホワイトが子供や大人たちに対して破壊的、性的、暴力的に悪影響を与えるとは思ってもみないことでした。僕はいつでもよいお手本であろうと努めてきたし、どんな人にも悪影響を与えまいとしてきました。
ブラック・オア・ホワイトの最後の場面で、子供たちやそのご両親、あるいはその他の視聴者の方々が心を痛めたり、傷ついたりしたのなら、大変申し訳ありませんでした。」(1991年11月15日)


最後のパイ投げのシーンは和みますなぁ~。
関連記事
スポンサーサイト

Tags: マイケルジャクソン

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。