Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

見果てぬ夢 64 ~アメリカで発売されなかった『CRY』

2010
05
28
ring
2010年1月20日

Cry (クライ)
作詞:R.Kelly
作曲:R.Kelly
リリース:2001年
収録:『INVINCIBLE』(2001年発売)

2001年のシングル。ヨーロッパのみの発売。ポーランド、モルドバで1位獲得。
もともとはアメリカでも発売できるように用意されていたが、ジャクソンとソニーの対立が激しくなり不可能となった
(ウィキペディアより引用)







<日本語訳>

一陣の風が吹いた瞬間に、誰かが震えているよ
この瞬間に友達と死に別れた人がいるかもしれない
そんな時は、しっかりしなくちゃダメだよ
憧れの対象になるようなヒーローが周りにいなくて
問題の解決の糸口さえ見つけられない人もいるのさ


いつになったら、そんな世の中が終わるんだろう?
本当に知りたいことは、いつも闇に葬られて僕らの耳には届かない
きっと誰かが真実を隠しているのさ

そんな時は、毅然としてなくちゃダメだよ
この世に溢れる摩訶不思議なことが
いつになったら明かされるんだろう?
光を失った人が涙を流す時
その頭上にも太陽が降り注ぐんだろうか?

そんな世の中を変えることができるんだ
(僕だけの力じゃ無理だよ)

あの大空にだって手が届くのさ
(誰かの助けが必要なんだ)

君だって、神様に選ばれし人間なのさ
(だったらその証が欲しいよ)

今夜、僕ら人間がいっせいに叫んだなら・・

悲しい時でも、人々は顔で笑って心で泣いてるんだ
自ら命を絶とうとしている人よ、どうか思いとどまってくれ
自分の夢を信じるという気持ちを、どうか大切にしてほしい
夕べ、キミの子ども達が泣いていたとき
キミはどこでどうしていたんだい?

人々の顔を見れば、その表情は困惑に満ちているよ
奇跡なんて起こるはずもないと言いたげだね でもちょっと待って
信念は、今ここを通りすぎて行く風の中に隠されているのさ
だから僕らは、
真実を探求しなくちゃいけないんだ

平和の旗が風にひるがえるとき
この世に戦争はなくなるんだ
世界中の人々が僕に向かって声を発してくれたなら
僕はみんなの願いを聞き届けてあげよう

この世を僕らみんなの力で変えよう

***************


この曲がアメリカで発売されなかった本当の経緯については、2001年という年、そしてこの歌詞の中にあると思われる。
2001年に何が起こり、アメリカ国内ではどういうことになっていたかは以前の日記(『What more can I give?』)にも少し書いた。


ヒント:And when that flag glows there'll be no more wars
(平和の旗が風にひるがえるとき、この世に戦争はなくなるんだ)


関連記事
スポンサーサイト

Tags: マイケルジャクソン CRY クライ

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。