Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

Back to the Earth

2010
06
11
ring
『見果てぬ夢』シリーズも一通り終わったので、ひさしぶりに違う話を。


++++++


earth



先日、いつも拝見している『地球を救え!プレミアム』さんのところで、小惑星探査機『はやぶさ』の記事を読みました。
がんばれ 「はやぶさ」  ←オススメ☆

小惑星探査機はやぶさとは、

「はやぶさ」(MUSES-C)は、小惑星探査を目的に開発された探査機です。「はやぶさ」が探査するのは、地球の軌道と似た軌道を持ち、日本のロケット開発の父である故糸川英夫博士にちなんで「ITOKAWA」(イトカワ)と名付けられた小惑星です。小惑星までイオンエンジンを使った飛行を行い、自律的に小惑星に近づき、その表面から、物質のサンプルを持ち帰ることを目的にしています。

JAXA 小惑星探査機「はやぶさ」より引用


私が「はやぶさ」を知ったのは、つい先日。
この記事から。ぼくのはやぶさを守って byドイツくん


理工学&機械系に弱い私はなんのこっちゃ??とそのときはスルーしてたのですが、「地球を救え!プレミアム」さんの記事で紹介されていたキーワードを元に動画を検索してみることに。

動画主さんのコメントに、「油断してたら泣きますよ?」が気になったのでこれを見ました。
前編 後編


単なる金属の塊なのにどうしてこんなに泣けてくるんでしょう・・・。


いいものを教えてもらったので、さっそくブログ主さんにメール♪
もともと頻繁にコメントするほうではない上に(汗)ずっとマイケルの記事を書き上げることでいっぱいいっぱいで、ブログを訪れてもコメントもメールもほとんどしていなかったのに、変わらず優しく迎えてくださってジーン・・・ときました。 ありがとうございます!


88万人の氏名を集めたターゲットマーカー、の88万とは”八百万の神”とかけてるんでしょうか。
こんなにたくさんの人の名前を集めるなんて、とっても日本的だと思います。
見たこともない惑星を発見するという喜びはみんなで分かち合いましょう、ということなんでしょうね。
知っていて88万という数を決めたのかどうがわかりませんが・・・。

8という数字のキーワードは、新時代の約束の地へと脱出させる数、より高い意識への復活と新しい生き方を表す数、また、カバラでは大天使ミカエルのパワー。あと日本限定だけど、出雲のパワーを表します。




ところで、ブログ主さんは、

「ところで、内心、ぼくは、はやぶさに、地球人以外の
知的生命体のサポートがあるように思います。

それが誰なのか、わからないけど、
応援してくれている存在がいる。」

とおっしゃっています。

I agree!

だって、そうじゃなきゃ、通信が途絶えても復活するとか、あんなに故障だらけなのに地球にちゃんと戻ってきちゃうとか、ありえない。

人外のサポートなのか、はやぶさを応援している人たちの祈りなのか、私にはわからないけれど。

話は横にそれますが、私は以前タンカーや電車車両を作っている工場で事務をしていました。
注文主に引渡しの時は神主さんをよんで祝詞をあげてもらうんですよ。
事故もなくこれからの安全を願って、そしてよく働きますようにって。
海外からの注文主はぽか~んとしてました。
ありえない、みたいな。(笑)
最新技術と古来の宗教が何の疑問もなくそこにあって交じり合っているんですね、日本は。

そこの会社だけだと思ったらそうじゃないんですね。
参考:産霊のちから

ダン・ブラウン著『天使と悪魔』の最初の部分では、昔からずっと科学と宗教は交じり合わないもの、その両者の間には深い溝があることが語られていますが、逆に日本ではハイテク機器にお払いをしたり、運転席にお守りを吊り下げてもだれも何も不思議だとは思いません。


はやぶさも、多くの人びとの「祈り」に守られているかもしれません。
それとも魂が宿ったのか。
HPを見ると、JAXAの方がたは「はやぶさ君」とよんでいるところからはやぶさは単なる機械ではありません。
ミッションを一緒にやってきた仲間であるのでしょうね。


そのはやぶさは日本時間13日23時ごろ地球に帰還します。
オーストラリアのウーメラ域に向かってカプセルを落とした後、はやぶさ自らは大気圏で燃え尽きてしまいます・・・。


明日は空を見上げて「お疲れ様」といってみようかな。


Special thanks, Ham san!
関連記事
スポンサーサイト

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。