Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

ジャーメインのインタビュー③ ~メディアについて

2010
06
24
ring
ジャーメインのインタビューは今回で最後です。パート1パート2はこちら。


お読みになる前に注意:私はいかなる宗教の関係者でもありませんし、特定の宗教を批難及び推薦するつもりでもありません。そして、感情的に不安定な方や、陰謀や宗教のお話がNGな方はお読みにならないことをお勧めします。


インタビュー全体


http://www.youtube.com/watch?v=hq62ypVGpJM&

続きは

スクリプト→http://www.michaeljackson.com/es/blog/sneak-preview-jermaine-jackson-exclusive-interview-al-arabiya-january-21-2010



I:判決が出た後、あなたがマイケルにアメリカを出てバーレーンへ行くようにアドバイスをしたのですか?

J:ええ、私がマイケルに言いました。ここ(アメリカ)から出たほうがいい、なぜなら「彼ら」が何かをまた仕掛けようとしても何もできないからと。それでマイケルはバーレーンへ行きました。そこは私が見つけた本当に平和で素晴らしい場所だったのです。私はマイケルにそこにしばらく滞在してほしかったのです。

マイケルはしばらくしてアメリカに戻ってきました。思うに、O2ショウの準備を始めていたのでしょう。マイケルが本当にやりたいことができるようになってうれしかったのです。それが突然・・・「さよなら」と言った最後の夜・・・最後のマイケルの言葉は・・・あなたも見たことと思いますが・・・彼は・・

I:マイケルがショウの関係者と手をつないでいたときですね。

****



http://www.youtube.com/watch?v=6vn8cVoK70M

(僕はみんなが大好きだ。僕たちは家族なんだ。それを知ってほしい。
メッセージは「地球を大切にしよう」。
僕たちは4年以内になんとかしないといけない。もう引き戻すことはできないんだ・・・・僕たちからはじめよう。)

***

J:マイケルは地球についてとても気にかけていました。アル・ゴアや、オプラ・ウィンフリー、そしてオバマ大統領よりも前に(地球について)関心を持っていたのは、人々が尊敬していたのは、マイケル・ジャクソンでした。マイケルは歌にメッセージを込め、地球を守るために行動をしていましたから。

バーレーンからCNNのライブフィードをしたときです。私は数人の友人と家族と一緒にいて、生中継に出る予定でした。ラリー・キングが「君の周りにいるひとはいったい誰だい?」と聞いたので、私は「彼らは中東から来ているんだよ。彼らは君をサポートしているよ、と弟に伝えたいんだ。」といいました。ラリーは、「それは困る。」といったのです。私は、「何が問題っていうんだい?弟は(人種を問わず)皆から愛されているじゃないか。」といいました。ラリーは、「・・・プロデューサーが、私のプロデューサーがこういうんだ。もし君の友人たちを映したら、視聴者はイラクにいる兵士たちのことを気にするだろうから。」と言いました。。私はこういい返しました。「ラリー、それが私の弟とどういう関係があるんだ!」と。

I:そうですね。

J:これがメジャーなニュースメディアのやり方です。発言は、コントロールされているのです。私たちはこの国(アメリカ)を民主主義の国だと思っていますが、同時に独裁状態にあります。メディアは言論を規制されています。そして99%の人々はメディアがいったことを信じるのです。

I:ところで、マイケルがバーレーンを気に入りましたか?彼は1年以上いましたが。

J:ええ、大好きだったようです。マイケルは、ここはほかと違っている。人々の祈りの声が聞こえることを気に入っていました。

I:マイケルは祈りの声が好きだったのですか?Adhanを?

J:彼は平和を愛していました。Adhanは平和的ですから・・。それから、あなたは中東がこの世界でどのように描かれいるかご存知ですね。戦争があり、爆弾から逃げている人たちがいる、とかあれやこれやと・・。そういうことを聞くとつらくなります。911テロのあったころでさえ、私はイスラム教に改宗したことについて人々に話していました。

I:中東いるたくさんの人々があなたがイスラムに改宗した理由について知りたがっていますが。

J:そうですね・・子供たちと、純粋な子供たちと一緒にいたときです。私は1989年に本当に素晴らしい友人のALi BGamborと一緒にバーレーンへ行きました。長いことハリウッドにいて友人もたくさんいますが、彼がナンバーワンです。彼は素晴らしい魂の持ち主です。
私は彼の家族と子供たちと一緒にいたときです。マイケルが子供たちの質問と笑い声の純粋さについて話していますが、彼らは本当にかわいらしく親切でした。私がAliに「子供はみんなイスラム教徒かい?」と聞くと、Aliは「そうだよ」と答えました。以前から私の魂は何を求めているのか、と考えていました。ご存知のとおり、アメリカにいる黒人は(奴隷として)アフリカから連れてこられました。私たち黒人はもともとイスラムなのです。白人の主人たちが私たちにキリスト教を押し付けたのです。
ですから、私は私のルーツに戻っただけです。同時に私は自分のルーツに戻って心地よく感じています。この気持ちは上手に表現ができませんが。

バーレーンからリヤドへ車を走らせていたとき、5時ごろだったでしょうか、道の脇で祈っている人を見ました。そしてリヤドからジェダへ飛行機に乗り、メッカへ着きました。そこではとても素晴らしい気持ちになりました。とても純粋で、特別なものを感じ、何かと繋がっている気がしました。
以前信仰していた宗教では、戸別訪問をしていましたが、目の前でドアが閉められてしまいます。ティトと私は二人で家々を回っていましたが、イスラムに祝福されるまで私は何かと繋がっているというように感じたことはありませんでした。なぜなら、いつもこのような疑問があったからです。いったい何人が天国にいけるのだろう?そこへたどり着くには何をしなくてはならないのだろう?しかし、以前の宗教では本当に正しい答えをもらったことがありませんでしたし、私は彼らの答えに物足りないものを感じていました。

私が中東へ旅行をし、イスラムに祝福されたとき、すべてが繋がりました。私は母親に電話をし、「とても幸せな気持ちだ!私はイスラム教徒になったんだ!」といいました。しかし、母親は既にそれを知っていたのです!
Gulf Newsで働いているイギリス人のジャーナリストがどういうわけが私を追いかけていたのです。

(略)

I:何百万といるイスラム教徒の声として、どう感じていらっしゃいますか。

J:私は西洋社会がイスラム社会をありのままに見つめ、「テロリスト」という言葉を払拭するなら、世界は本当によくなるでしょう。それはイスラム教が純粋な宗教であるからです。他人にとっても自分自身にとっても最高の人物となることが私の目標です。
しかし、ハリウッド映画を見るとイスラム社会がどのように描かれているかわかると思います。もしくは、中東から来た人物がテロリストだったり・・・。彼らは彼らがやっていることをちゃんと知っています。同時に、それは本当のイスラム社会ではありません。

I: この機会を私たちに与えてくださってありがとうございました。

J: こちらこそ、ありがとうございました。


<終わり>

マイケルがイスラム教に改宗したかどうかはジャーメインもはっきりわからないみたいだ。
でも、私はなぜイスラム教を勉強していたのかわかる気がする。それはきっと・・・・・。
やっぱりそっちにいっちゃうのか・・・。


ところで、このインタビューを(英文で)書き起こしてくれた人は、ジャーメインを見てもらい泣きしてしまったそうだ。
私のは当たっていたのかもしれないが、まったくうれしくない・・・。

意外に思われるかもしれないがずっと外れてくれることを祈っていた。


『CRY』を書き上げてやっと終わりだ、解放されるって思っていたところに、この動画を見つけてしまった。。
しかも、明日は命日だ。(こちらは北米時間)


マイケルは「彼ら」に狙われないように、兄弟を、家族を守りたかったのかな・・・。


Rest in peace,MJ

関連記事
スポンサーサイト

Tags: マイケルジャクソン ジャーメインジャクソン

Comment

wax 戦う兄弟たち

はじめまして。ジャーメインのインタビュー、訳をしていただいて普段読めない記事を拝見でき、本当に感謝しております。そうだったんだ、という心がさらに広がります。また、紹介されていたマイケルのHPも拝見させて頂きました。マイケルの料理本へのコメント内容も、本当にこの人は素敵な人だと(あえてこの一言で)再確認してしましました。これからも訪れさせ頂きます!ありがとうございました!

2010/07/11 (Sun) 22:08 | yohko #aH8SeM6I | URL | 編集 | 返信

wax Re: 戦う兄弟たち

>yohkoさま

こちらこそ、コメントをありがとうございます。
マイケルの死後も北米のメディアの報道は酷いものでした。
毎日毎日そういうものを流されていれば、人はそれが真実だと思ってしまうものです。
だからこそジャーメインはわざわざ中東まで行ってインタビューを受けたのだと思います。

ところで、日本では去年からマイケルブームだと聞いています。
マイケルの遺したメッセージがyohkoさまに届いて本当によかったです。
ご訪問ありがとうございました。

2010/07/12 (Mon) 08:46 | marianong #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。