Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

Calling 3 (おまけ) ~マイケルのハロウィーンの見解

2010
09
08
ring
前回の日記で、話の流れが変わるので紹介しきれなかった部分です。


haaro


前回→Calling 3


M(マイケル):だって教会の人たちは時々間違った方向に区別しようとするんだ。僕は神様がそのようなことを望んでいるとは思わない。ハロウィーンのように、僕はずっと長い間ハロウィーンに憧れていたけれど、今はハロウィーンを祝っているよ。ドアを叩いて来た子供にキャンディをあげるなんて可愛らしいじゃないか。僕たちは世界中でそのような行事をすべきだよ。そういう行事は世界をひとつにするんだよ。

S(シュムリ):君はプリンスやパリスをトリック・オア・トリートに連れて行くのかい?

M:もちろんだよ。僕たちは近所に住む家族と一緒に行くし、子供たちにキャンディをあげたりするよ。僕は人々が親切になるところを見たいんだ。僕たちはキャンディをバッグから取って、こうささやくんだ・・。「君たちのキャンディを僕の目玉のキャンディと交換しよう」ってね。

S:(略)「ハロウィーンに最も重要なこと」の見解だね、マイケル。君はそのようなことをもっと公表すべきだよ。「ハロウィーンに最も重要なことは子供たちが見知らぬ者からの優しさに遭遇することだ」私はその見解が気に入ったよ。素晴らしい意見だと思う。その見解はトリック・オア・トリートは単にキャンディをたかる行為からもっと意味のあるものに高めてしまうよ。

M:仮面の向こうで僕は泣いてしまうんだ。子供たちと一緒に行って、そこに住む人々が「バッグを開けて」と言うとき、僕はずっとそういうことがしたかったんだなぁと思いがこみあげてきて本当に涙が出るんだ。僕はこのようなことを知らなかったから・・・。僕が(ドアをノックした)人々の顔を見ると、彼らはギフトをくれるんだよ。素敵なことだよね。
子供たちが家に来て、バッグを開いて、そしてその家を去るとき、「ちょっと、これ見てよ」と言いあう。子供たちの反応は本当に可愛らしい。僕は本当に思いやりのあることだと思う。僕が誇りに思うアメリカの一部分なんだ。


関連記事
スポンサーサイト

Tags: マイケルジャクソン

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。