Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

Calling 19 ~BEP「Union」とネルソンマンデラ

2011
02
13
ring
いいか、みんな今とてもヤバイ状態にある
ネガティブな状況のど真ん中さ
差別や宗教の名のもとに仲たがいし
なんで僕らは自分らの大事なものを見失い
互いを殺しあうんだ?何故?
神様は僕らをみんな平等に、って思い描いて創ったのに
音楽が宗教だったらなぁ
そしたら僕らその中でひとつになれるよ

聞いてほしい、変わるって難しいことだよね
でもさ トップの二人がもう一度溝を埋め合わせあって
互いに声を上げればみんな団結しあい正しい選択ができるはず
教育のために闘い、次世代を守り
一緒にひとつになろう

なぜ今までできなかったのかわからないよ
最初たった一人だけど
誰かが誰かにならい
他の人が他の人を真似る
そして気づくと十億人
人間ってそんな凄いことができるんだ
人間ってたくさんことができるんだ

変わろう そしてやろう
仲良くするって素晴らしいことだよ

one for all , one for all
It's all,it's all for one....

(下記動画日本語訳より一部抜粋)



http://www.youtube.com/watch?v=rT_-Ln7eWpw

日本語訳つきはこちら

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1211171

******

★上記PVの中に出てくるネルソン・マンデラのスピーチ

During my lifetime I have dedicated myself to this struggle of the African people, I have fought against white domination, and I have fought against black domination. I have cherished the ideal of a democratic and free society in which all persons live together in harmony and with equal opportunities. It is an ideal which I hope to live for and to achieve. But if it needs be it is an ideal for which I am prepared to die.

「私は、生涯、このアフリカの人々の苦闘に専念してきた。白人の統治や黒人の支配と闘ってきた。私は、民主主義のそして自由な社会を理想に大事にしてきた。――それは、私が死んでもよいといえる理想である」
転載:The official guide to black history month



★彼の獄中生活を支えたウィリアム・アーネスト・ヘンリーの詩「インビクタス」
mandela


 私を覆う漆黒の闇
 鉄格子にひそむ奈落の闇
 私は あらゆる神に感謝する
 我が魂が征服されぬことを

 無惨な状況においてさえ
 私は ひるみも叫びもしなかった
 運命に打ちのめされ 血を流しても
 決して屈服しない

 激しい怒りと涙の彼方に
 恐ろしい死が浮かび上がる
 だが 長きにわたる 脅しを受けてなお
 私は何ひとつ 恐れはしない

 門が いかに狭かろうと
 いかなる罰に苦しめられようと
 私が我が運命の支配者
 私が魂の指揮官


★映画「インビクタス」
1995 Rugby World Cup Final Highlights

★実際の1995年ワールドカップ決勝戦の映像



*****

映画の予告編を見たあとに、実際の決勝戦の映像を見ると予告編の続きのようです。
昨日から感動しっぱなしで胸がこみ上げて言葉になりません。




関連記事
スポンサーサイト

Tags: Black eyed peas ネルソンマンデラ ユニオン

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。