Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

Calling 23~HTWFについてジャクソンファミリーの表明

2011
03
02
ring
最初にこちらからどうぞ。
マイケルの遺志を継ぐ子供たち
ヒール・ザ・ワールド・ファンデーションの概要

--------------------------------------------------------------------------------


2010年12月付けでキャサリンとジョセフがHTWFを指示する声明文が発表されました。

キャサリンとジョセフは委員会のメンバーになり、プリンス・パリス・ブランケットの3人はユースボードアドバイザーになっています。

声明文と委員会メンバーの写真(キャサリンとジョセフの写真があります)
HTWF Board Members (キャサリンとジョセフの写真があります)
Youth Board Advisor(3人の子供たちの写真があります)
Donate to LA Family Housing (YBA活動の様子)

ジャクソンエステートはHTWFを認めていないけれど、ジャクソンファミリーは認めているということなんです。現在は子供たちを含むジャクソンファミリーが加わる新しい形のHTWFになったのです。

ff



【Jackson Family Declaration on Heal The World Foundationより】


公開されている文書は黒ペンで消されている箇所がいくつもあります。裁判所の指示によりマイケルジャクソンの名前を使うことができないため、名前やマイケルと分かるhisやhimなどの代名詞はわざと消してあるのだと推測します。これでもわかるように裁判所の命令はとても厳しいものなのです。
この訳は削除されている箇所を上記のように推測した上での文章であることをご理解ください。


-------------------------------------


マイケルが亡くなってからというもの、彼が成し得てきたことに関し大きな議論がもたらされてきました。これらの議論は主に音楽やダンス、エンターテイメント分野におけるマイケルの偉業についても含まれています。

しかしながら、マイケルの人道的行為、もしくはマイケルが示す他者への思いやりについては多く語られてはいません。

1991年、マイケルはヒール・ザ・ワールド・ファンデーションという慈善団体を設立しました。そして彼は私たちが一緒になれば世界が癒せると本当に信じていました。

マイケルは音楽制作とエンターテイメントを愛していましたが、高尚な目的のために働くことを望んでいました。彼は音楽で人々を良い方向へ変えること、少なくとも人々が自分自身を変えることで自分たちが生きている世界を自分たちの力で変えていくことを望んでいました。

『マン・イン・ザ・ミラー』という彼の曲を覚えていますか?この曲、そして1991年に書いた『ヒール・ザ・ワールド』などマイケルが書いた歌詞には、この慈善団体が皆から愛されるためにどんなビジョンを持っているかを表しているのです。


<ヒール・ザ・ワールド・ファンデーションについて>


マイケルは子供や動物、お年寄りといった弱い立場にいる人々の痛みにとても敏感でした。彼が才能や神からのギフトをこのような弱い立場の人々、マイケルの言う「声なき」人たちを助けるために使いたいと思っていました。また、そういった人たちの声になりたいとも思っていました。そして、マイケルは私たちに対しても彼らの声になってほしかったのです。


マイケルは自分の富や名声、才能といったものを使って人々を『癒す』方法を考えました。慈善事業とエンターテイメントを結びつけ、仲間の意識を変え、同時に苦しむ人々を減少させる方法を作り上げたのです。1985年の「ライブエイド」はこのような試みの例の一つでした。


彼が子供に対しての慈善事業をしていた初期の頃から--1993年の児童虐待疑惑が持ち上がったころです--、彼が2009年に亡くなるまで、マイケルは公共の場での攻撃、間違った申し立て、恐喝未遂などに耐えてきました。そのようなことは彼の人道的行為やその目的、彼の慈善団体を人々の目から逸らす結果となってしまいました。そしてヒール・ザ・ワールド・ファンデーションはもはや壊滅状態となりました。

しかしながら、無視無欲な少数のボランティアたちが注意深く見守っていてくれたおかげで、彼の慈善団体は何年も守られ、今日まで長らえることができたのです。

私たちはそれを可能にし、ヒール・ザ・ワールド・ファンデーションの事業を前へと進めてくれたボランティアの方たちを支援することに誇りを持っています。私たちジャクソンファミリーはマイケルの人道的な見解を認識し、彼が遺したものを守り続けて行くために彼らを招き入れました。このボランティアの方たちに愛と感謝の意を贈ります。

私たち皆とヒール・ザ・ワールド・ファンデーションに神のご加護がありますように。
また、世界が癒されますように。


2010年12月20日

ジョー・ジャクソン、キャサリン・ジャクソン

(署名あり)


<参考>
ジャーメインのミッション 2009
ジャーメインのインタビュー2010 ①
ジャーメインのインタビュー2010 ②
ジャーメインのインタビュー2010 ③
関連記事
スポンサーサイト

Tags: マイケルジャクソン ヒール・ザ・ワールド・ファンデーション プリンス パリス

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。