Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

私たちは今自分の「内側」を視ている

2011
05
03
ring
地震発生からきつい1ヶ月半だった。
自分の感情にどっぷりと浸っていては大事な人を守れないと思いつつも、体の不調や悲しみでどうにもならないときもあった。

そういえば、「政治や経済を知ることはネガティブ」だといっていた人たちはどうしているんだろう?
私もこんな状態なのだから、その人たちは今、不安と恐怖の渦に引き込まれているのではないだろうか?なんだか心配になってきた。


ところで、現在、私たちは政府やマスコミ、大企業、大先生など権力者のほころびを視ている。
Twitterやネットをみていると悪者さがしでやっきになっているような気がするが、果たしてこのような世界を作り上げたのはいったい誰なのか?
以前にものせたことのある記事だが再掲する。


-------

あなたが言っている多くの人々と言うのは、こういう人ではないだろうか。人殺しも盗みも詐欺も働いたことがない。いわゆる社会的に悪とされていることは何一つしていない。きちんと働き、結婚して子供を作り、幸せに暮らしている。彼らのどこがいけないのかと。

しかし同様に、彼らは人類の進化にも貢献してこなかった。一生懸命霊性の大切さを説いて歩き回っている人に協力もせず、平和のために働いている人に協力もせず、すべてにおいて無関心できた。自分の生活のことだけを考えてきた。

毎日テレビを見、友人と飲みに行き、週末はショッピング、ドライブなどのレジャーで過ごしてきた。彼らは人類の抱えている大きな問題に気づいてこなかった。地球の裏側で飢えている人たちが何億といると言うことに。ある地域では戦火が絶えず、毎日多くの人々が死んでいるということに。先進国の裕福な経済を支えるために、毎日十六時間以上奴隷のように働き、わずかなお金しかもらえない人がいることに。何十万と言う動物たちが、人間に管理され、自由の無い状態で飼育され殺されていっていることに。そしてその多くが、自分たちの生活と引き換えに行われていることも、知らずにきた。

おかしなことに気づいていた人たちはたくさんいて、彼らは様々な書物などを通してその事実を伝えようとしてきた。しかし、君の言う”善人”はそれに耳を傾けただろうか?そのような生真面目な気難しいものを読むよりも、娯楽作品を読むことを選んでこなかっただろうか?テレビでそのようなテーマに関しての特集を見るよりも、他の、自分がよりおもしろく感じる番組にチャンネルを合わせてこなかっただろうか?

それがどういう結果を作ったかわかるかね?」

「テレビ局は視聴率で番組を決めるため、そういうドキュメンタリーなどは次々に放映されなくなります。(略)どのチャンネルも、サスペンスドラマやコメディ、バラエティー番組を放送するようになりました」

「そのとおり。その結果、世の中の大半の人々は、そういった事実についてより知らされなくなる。あなたがたは、世の中とは誰か悪い連中がいて、彼らが全ての悪を行っていると思っているかもしれないが、実は、すべてはほとんどの人間の意識や態度によって決まってくる。あなたがた一人ひとりの選択が世の中の方向性を決定するのだ。どんなに悪い連中がいて、どんなに強力な力をもっていようとも、世界中の大多数の人間が、意識的に自分たちの行動に責任を持っていけば、彼らは何もできないのである。」

「つまりそういった大多数の人たちも、悪に加担しているということですか?」

「間接的にはそうなる。もちろん彼らに悪気は無いかもしれない。しかし無知であることも、また罪なのだ。彼らはただ社会にプログラムされた通りに生きてきて、物事に深く疑問を抱き、探求するということをしてこなかった。そして、その結果、大きな悪を作り上げることに加担してしまったのだ」

『天上のシンフォニー』より抜粋

-------
5



君たちは政府のせいにはできないよ。「彼らはこんなことをやっているんだ」とか「彼らは僕たちを戦争に引っ張り出そうとしている」と言わなくては。僕たちが彼らをそうさせているんだし、それを赦しているのだから。僕たちはそれを変えることができる。もし、本当に変えたいと思っているのなら、僕たちは変えることができるんだ。


~ジョン・レノン『『I met the Walrus』』より


-----

5

「人はそれぞれにとって平和を自らの内面から見出さなくてはならない。
そして真の平和というものは、周囲の状況によって左右されるものであってはならない。」

「あなたが望む世界を見るためには、あなた自身が変わっていかなくてはならないのです。」

~マハトマ・ガンジー


-----引用ここまで


さて、

どう感じ、

どう行動する?



------


<おまけ>
ブロ友さんに教えていただきましたので貼っておきます。
【2011年 4月 29日 「終焉に向かう原子力」第11回 13時より浜岡現地報告 小出裕章氏・広瀬隆氏講演】
 http://sjin.blog69.fc2.com/blog-entry-429.html
関連記事
スポンサーサイト

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。