Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

北米の動き:報復テロ注意と脱原発デモ

2011
05
06
ring
昨日、バンクーバーの日本領事館から下記のようなニュースレターを受け取った。

外務省海外安全HPに「ウサマ・ビン・ラーディンの殺害に伴うテロ攻撃に関する注意喚起」が掲載されました。

 5月1日(現地時間)、オバマ米国大統領は演説で、米国の作戦により国際テロ組織アル・カーイダの指導者ウサマ・ビン・ラーディンをパキスタンで殺害、その遺体を確保した旨発表しました。
 その一方で、米国は、最近のパキスタンにおける対テロ活動を受け、米国人・米国権益などに対する報復テロの可能性が懸念されることから、海外に渡航・滞在する全ての自国民に向け、注意を喚起する危険情報を発出しています。(以下略)
詳細:外務省海外安全HP

しかし、このニュースレターを受け取る前にこういうものを見つけてしまった・・・。

◎5月3日のTwitterより:

ビンラディンの死後の写真(閲覧注意)4月13日のこの記事で同じ写真が使われてる。。死亡時期は2001年12月って書いてるし。http://bit.ly/kI0zZn(汗)@▲▲▲ http://bit.ly/my0Scpわざわざ写真まで出すところが味噌だなあ。

しかも、この写真はコラらしい、という記事まであった。

じゃあ、アメリカ軍がパキスタンで殺害したのはいったい誰???

******

それから、明日、サンフランシスコで下記のようなデモが。

日本と世界の原発を廃炉にし、日本政府と東京電力の情報隠蔽に抗議するラリー

日時 : 5月7日(土曜日)
集合場所 : 在サンフランシスコ日本領事館前(50 Fremont St/ Mission St, San Francisco)
Facebookのイベント情報:May 7th @ San Francisco Rally Against Nukes! End Cover-Ups Japan/ Tepco!

日本でも、5月7日に、日本の労働者、農民、そして人々が、日本政府が原子力利用と、東京電力(Tepco)と結託して福島の事故などの情報を隠蔽し続けていることに抗議が行われることになっています。チェルノブイリから25周年であることをふまえて、日本にいる様々な人々との連帯を表明します。

日本政府は、一般の人々の怒りや運動への関わりを封じるために、日本や世界をこれほど脅かしている事態に至っても、放射線汚染や安全基準を、はなはだしいほどにまで日ごとに操作しつづけています。

アメリカ合衆国の政府には、このような危険な原子力発電所を日本の人々に受け入れさせるような政府政策をおこなってきた、直接的な責任があります。
ぜひリンクを読んで、広島から福島までの、日本とアメリカ合衆国政府との関わり合いや、どのように核や原子力について語るかを操作されてきた歴史について知って下さい。
Japan Nuclear Catastrophe Made In USA-From Hiroshima to Fukushima, 1945-2011: A Nuclear Narrative of Hubris and Tragedy -1945-2011/

http://www.veteranstoday.com/2011/03/28/from-hiroshima-to-fukushima

2004年に、ローレン・モレット氏は、Japan Timesの記事の中で、日本の原発の地理的な状況は、大変な災難をもたらすだろうと書きました。
Japan's deadly game of nuclear roulette
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fl20040523x2.html

このように、公になされてきた警告があったにも関わらず、日本政府および、原発から利益を得てきた東京電力やアメリカ合衆国の企業などの上層部は、ことごとくそれを無視し、福島での事故が日本と世界の人々を危険にさらしている現在に至っても、福島を含めた原子力発電所の運転を続けています。

このような状況は、合衆国内での原子力産業でも同じでしょう。PG&Eの運転するサン・ルイス・オビスポ原発や、オバマ政権は新しい原子力発電所に運転許可を出し、原発産業にかかる税を助成しています。
http://www.inthesetimes.com/working/entry/7108/honeywells_guilty_plea_shows_importance_of_unions_in_prevent_radioacti/

オバマ政権と原子力産業はAFL-CIO(アメリカ労働総同盟・産業別組合会議)とともに、「安全な」原子力を推進し続けています。周知の通り、今福島で起きている事態が、原子力が「安全」とはほど遠いものであると示しています。私たちは、風力大量発電などの、原子力より安全な代替エネルギーを考え、すすめていかなければならないのです。今年は、メルトダウンによる汚染によって未だに子ども達を含む人々や環境を未だに苦しめ続けているチェルノブイリ原発事故から25周年を数えます。

原子力発電所、ウラニウム爆弾などの核兵器などの利用は直ちに廃絶すべきであり、それを現実にしていくことが出来るのは、ほかならぬ一人ひとりの人々なのです。

当日参加予定の主要スピーカー
ローレン・モレット(地理化学者)
チャールズ・スミス(AFSCME 444支部)
スティーブ・ゼルツァー(Labor Video Project)
キャロル・デニー(歌い手)

文責:Labor Video Project とUnited Public Workers For Action
http://www.upwa.info/

転載:http://www.facebook.com/#!/event.php?eid=194454643932461

-----引用ここまで

オバマは再選を狙ってる。ビンラディン殺害で株を上げ、ついでに報復テロ危機をマスコミによってあおることで原発問題から国民の目を逸らそうとしてるんじゃないか?
原発利権構造は日本とそうかわらないだろう。

ところで、サンフランシスコの民衆が日本政府の情報隠蔽にイラついているのは、自分たちも福島原発から放出される放射性物質の被害にあうかもしれないからだ。

福島原発から漏れている放射性物質はジェットストリームに乗って北米まで届く。まず最初に届くのがアメリカ西海岸。
こういうことです。↓
rr
カナダへも届きます。。。

その後、気流に乗ってヨーロッパまで届く。


We are on the same boat.


もうとっくに日本の原発問題は世界の問題となっている。



関連記事
スポンサーサイト

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。