Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

想いが伝わる日(7)

2008
04
07
ring
今日も朝から寒くて、人通りも少ない。
天気予報だと今日一日は気温が上がらないらしい。
昼まで一人で店番なので、クラシックをかける。
こんな日は客足がそうよくないので一人で静かな時間を過ごす。

注文していたストーンビーズが納品されたので、その石を使った商品を作る。
お客様は女性が多いのと手ごろな値段かつ恋愛運をUPするというローズクォーツは店の人気商品だ。
ワタシ好みのパステルカラーのビーズを使ってブレスをいくつか作る。

作っているときはすごく集中しているので、余計なことを考えなくていい。
ちゃんとイメージどおりできあがるとすごく幸せな気分になる。
パワーストーンも好きだけど、アクセサリー作りはもっと好きだ。
自分のアイデアがちゃんと形になってそれが人に喜ばれるっていいよね。
それに、凹んでても何か毎日やることがあるって救われる。



お一つお願いします↓
 


roiscrayon 060




店の電話が鳴った。
この時間だとたいてい注文を取り付ける業者さんからの電話だったりする。
でも、今日は違った。
電話を取ると、男性の声で◎◎さんはいますか?と言う。
はい、ワタクシでございますが、、、と答えると以前タイガーアイのブレスを買ってくださったお客様だった。


友人にあげたブレスの件で。
激しい動きをしてたら切れてしまったらしい。
しっかり頑丈に作ったのに、こんな早く切れるとはどんな状態でつけてたんだろう?
あれからそう時間もたってないのに?


ビーズをお持ちくだされば、修理しますよ、と告げると、友人と会うチャンスがないので「まったく同じもの」をもう一本作ってほしいとのこと。
オーダー用紙は1ヶ月保管した後、処分してしまうのだが、あわてて倉庫を探すとまだその方のオーダー用紙が残っていた。
参考にしたブレスも悲しいかな、まだ店頭にあるし。
できますよ、と言うと、昼前に取りに行くから作っておいてほしいと言われ、了解して電話を切った。
あわててブレスを作る。



昼前に例のお客様が現れた。
店内にほかのお客様がいないのを気にしているのか、せわしないご様子。
代金を頂き、作っておいたブレスを手渡す。
「ご友人の方、ブレスを気に入ってくださったみたいで嬉しいですね」と言葉を添える。
お客様は「ああ。」とだけそっけなく言って、すぐに立ち去った。



そのお客様と入れ違いにほかのスタッフが出勤してきた。
CDを止めて、有線をかける。
今はやりの曲が流れるんだけど、変わらずワタシは声に興味なし。



ご友人がブレスをつけてた、ということは気に入ってくださったと考えていいよね。
よかったぁ~♪
あげた本人も心なしか声が嬉しそうだったし。
新しいのをもう一本とは本当に成功してほしいんだなぁ。。
頼むからお客様のためにも売れてくれよ~ぉ。


そういや、ご友人は何やってるんだろう?
激しい動きをしすぎてブレスが切れた・・って言ってたから、管楽器じゃないよな。
じゃ、弦楽器?・・・・ビミョー。
激しいというとやっぱりパーカッションかなぁ?


も・・・・いいや。なんでも。
仕事、仕事!




クリックをお願いします。

イーココロ!クリック募金





関連記事
スポンサーサイト

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。