Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

つぶやきより

2011
07
22
ring
次の記事がなかなか仕上がらないので、今週は自分つぶやきから抜粋することにしました
テキトウに流してください。

::::::::::::::::

久しぶりにダウンタウンに行った。「Let's talk about the revelation!」を掲げたキリスト教団体。revelationは聖書だと「ヨハネの黙示録」だが、「暴露」という意味も。隠されていたものがつぎつぎ明らかになっていくこのご時勢。


そういえば、ユタ州にある某教会はキリストはコロブという惑星からきた宇宙人だといってた。


日本のスピ系サイトではインディゴチルドレンはコロブという惑星から転生してきた魂の持ち主だといってたっけ。でもその信者さんはユタ州の教会のことは知らないだろうな。


某キリスト教系教会の本拠地の一つでもある、ユタ州ソルトレーク・シティにFEMAの全米通信基地本部が置かれていると聞いて、「新エルサレム」は本気やったんか、と思った。


先日行ったセミナーより。空に北斗七星。地上に7つのシャンバラ。そしてあなたの体に7つのチャクラ。覚えていてください、遠くにわざわざ出かけなくてもあなた自身がパワースポットなのです。 


地球の第七チャクラはチベット、第六は日本、第五はアメリカです。アメリカが(世界に)伝え→日本が目覚めさせ→チベットが導くといったところですかね。日本の役割は大きい。


中国がチベットを狙う別の理由はここにあるのではと個人的に思っています。シャンバラの秘密を知りたいのではないかと。そのシャンバラの鍵(抽象的な意味です)を握るのがダライラマです。


アメリカの場合はユタ州ソルトレークシティだとか。ここにFEMAが置かれているのは偶然ではないでしょう。「新エルサレム」とはシャンバラのことです。


中国がもしチベットのシャンバラの秘密をしったとしても、いわゆる結界みたいなものを張っているのでシャンバラの入り口は永久に見つけることはできない。なぜなら波動が違うからです。波動が合わない者には入り口が見えない。


私はどんな宗教も、新興宗教も最初は本当に純粋に人を救おうとして始めたものだけれど、そのうち組織化し信者も増えるにつれ、「私は偉いのだ」というエゴや、金や色などいろんな欲がでてきたり、人々が偶像崇拝するようになり今のような状態になってしまったのではと思っています。


☆おまけ☆
SF世界は実はリアル!?『地球内部に隠されたパラレルワールド、もうひとつの地球が存在する可能性(米研究者)

NASAの撮影したオーストラリアのオーロラストリームの映像だが、南極から、地球内部への開口部をみることができるそうだ。


http://karapaia.livedoor.biz/archives/52026001.htm

関連記事
スポンサーサイト

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。