Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

映画『Thrive』

2012
02
19
ring
昨年紹介した映画『Thrive』です。

rr


『Thrive』はここで取り上げたらすごいアクセス数があり、いろんなところにリンクされていました(2Chオカルト版とか 笑)。

これが発売されると知ったとき、「やった!」って思いました。古代ミステリー(フラワーオブライフ)、エネルギー(オーラ)、UFO、宗教、陰謀、社会問題etc..一つ一つについていろんな動画や映画、書物はありますが、全てを網羅したものがなかなかなかったからです。陰謀だけだったらふわスピの人は絶対見ないし、逆にUFOは陰謀論好きはあまり見ませんしね。 (UFOはアメリカ軍の謀略とかなら別ですが)

カナダから見た私の感想として、日本のスピリチュアル業界(あえて業界といいます)って縦割りといいますか、自分の領域がきちんときまっていてそこからはみ出さない感じがします。だから、こういう映画は日本ではなかなか作られないんじゃないかなと思うわけです。

日本のフワスピの人たちは見えない世界にしかワンネスを見ません。陰謀なんてないと思っている。もしくは知りたくないと思っている。
それは「ネガティブだから」。

逆にカナダのスピリチュアルな友人たちはこれを知っている。
善悪は人間が作ったものですが、だが敢えて闇といいますけれど、闇を直視し解体することでマトリックスな世界から抜け出ることが必要だと知っているからです。
私は精神世界に足を踏み入れた時にまず習ったのは映画の後半に出てきますが、この世界のしくみでした。先生はアイルランド人でカバラのグランドマスターでした。私たちも属している物質世界の構造について学ぶことは霊的な学びにもなります。

ネガティブなものをネガティブだと捉えているうちはマトリックスなこの世界から抜け出ることは難しい。闇側もそれをよく知っていて、現実を見せないように現世利益バリバリ、現実逃避推進の「スピリチュアル」を仕掛けた。それにうまく乗ってしまったのが私たちということです。

わけのわからないもののままでいると怖くて仕方がありませんが、正体がわかるとあんがい恐怖が和らぐものです。


動画はこちら→Thrive① ※続きはリンク先で。


地球上の方々が早く目覚めますように・・・


関連記事
スポンサーサイト

Tags: Thrive

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。