Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

神輿と聖櫃

2014
08
25
ring
先日、日系協会主催のお祭りに行ってきました。
長らく住んでいるにもかかわらず、このお祭りに行ったのは初めてでした。
別の街のお祭りには何度か行ったことはあるのだけど、ここでもお神輿と鳥居はお約束www
その先に境内があるわけではないので、鳥居は単なる会場の入口でしかないのですが。

会場入口の鳥居をくぐってお客さんが入っていくのを見て、鳥居を一番最初に作った人はすごいなぁと改めて思いました。
以前、日本で宮大工さんから鳥居の話を聞いたとき、私はそれはそれは感動しました!
あなたが見ているものは内側にあるものとよく言いますが、まさに鳥居はそれを体現したものなのです。

mikosi.jpg


さて、写真の中央に写っているのがお神輿です。
こちらの人にあれはなんだと聞かれることがありますが、ポータブルシュラインだ、『インディジョーンズ 失われたアーク』に似たものが出てくるよと教えると大抵、興味を持ってくれます。


images_20140826073620c3a.jpg

この映画に出てくるアークは聖書に出てくる契約の箱のイメージです。

旧約聖書「出エジプト記」25章
アカシヤ材で箱を造らなければならない。長さは2キュピト半(130cm)、幅は1キュピト半(80cm)、高さは1キュピト半(80cm)。 純金で内外を覆い、その上の周囲に金の飾り縁を造らなければならない。 また金の環4つを鋳て、その4すみに取り付けなければならない。またアカシヤ材のさおを造り、金でこれをおおわなければならない。 そしてそのさおを箱の側面の環に通し、それで箱をかつがなければならない。さおは箱の環に差して置き、それを抜き放してはならない。 そしてその箱に、わたしがあなたに与える証の板(十戒の石板)を納めなければならない。


シルクロードを通って日本に入ってきたとネットでは言われていますが、私は逆だと思ってます。




関連記事
スポンサーサイト

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。