Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

回復した、と気づく瞬間 3

2008
12
26
ring
日本語を通じて、いろんな人に出会った。

谷崎俊太郎さんに惚れ、ブルガリアで翻訳本を出す決意をしたブルガリア人や、ドラゴンボールを原書で読みたいと日本語を勉強しているタイ人や、天津飯は天津の料理じゃないと教えてくれた中国人など・・・。


たいていの学生さんが「日本語を話すときは自分がやさしくなったような気がする」といっていた。
日本語の威力はすごい~!!
確かに英語だと白黒はっきりつけるので、喧嘩には向いてそう。
日本語の白でも黒でもないグレー(あいまいさ)の魅力がいいようです。



日本語は言語学の中では孤語だそう。
たとえば英語の源はギリシャ語もしくはケルト語(いろんな説あり)だといわれており、ヨーロッパ語族に属しています。近隣の国々、たとえばフランス語やイタリア語などと文法や語彙がよく似ている。


日本語と中国語では文法がまず違う。
中国語は英語と同じ文法(主語+動詞)形態をとるので日本語とは違う。
日本語とよく似た言語は北アメリカのイヌイット語だと言う人もいるが、
最近ではユダヤの言葉(アラム語)とも似ていると言われている。
詳しいことがお知りになりたいのであれば、ヨセフ・アイデルバーグさんの本『日本書紀と日本語のユダヤ起源』を参照ください。
アマテラスを岩戸から呼び出すときの言葉、「ひ、ふ、み、よ、い、む、な、や、こ、と」の意味がわかります。


似ている言語が遠く離れたイスラエルや北アメリカの部族の言葉と似ているというのが面白いと思う。
 

そして、日本語の勉強をして3年たったころ、トラブルに巻き込まれて日本語教師の夢を断ち切らざるを得なくなってしまった。
詳しくは書かないけれど、トラウマとして抱えそうなほどつらい出来事だった。
一生この傷は癒えることはない、と信じていた。


・・・・・


それから10年あまり経って、例のコメンテーターをTVで見た。
もし、以前ならトラウマとなった出来事を思い出して苦しくなっていたはず。
しかし、「あ、あの先生にそっくり!」というのが第一印象だった。



その瞬間、私は10年前の古傷からすでに回復していると感じた。
もう、はっきりと身をもって。
古い自分から脱皮できたんだーと感激したんだ。


一生トラウマとして抱えていくんだろうと思っていたけれど、生きていればなんとかなるものだなぁ~。


自分の可能性をを感じた年の瀬でした。




<おわり>


関連記事
スポンサーサイト

Comment

wax

marianongさん

お久しぶりです。

日本語は言霊と言うように、
深く探求すると不思議なエネルギーが
あるのに気づかされます。

発音や敬語の話方、ひらがなと漢字も
全てに意味が隠されていますね。
日本語の使い方に気をつけたいと
思いました。
ありがとうございます。

トラウマからの生還良かったですね。

2008/12/27 (Sat) 18:17 | 光ロード #- | URL | 編集 | 返信

wax Re: タイトルなし

>光ロードさん

コメントをありがとうございます。

> トラウマからの生還良かったですね。
本当に生きててよかったです。あの時死にたいと思ってたのがうそのようですわ。

2008/12/29 (Mon) 22:07 | marianong #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Trackback

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。