Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

宇宙から来た人 7

2009
09
08
ring

ツインソウル



あなたの魂が創造されるとすぐに、男性・女性、陰陽、およびエネルギーを持ちました。神はあなたがたをこれらの2つのすばらしい意識体、男性性・女性性が、永遠に一緒になるように作れられたのは間違いないでしょう。

2つで1つの魂がツインソウル、ツインバイブレーション、ツインレイまたはツインフレームと呼ばれています。 言い換えれば、宇宙全体の中に自分と同じ光の波動をもつ魂の片割れがいるということです。 これはかなりすばらしい考えです。 しかしながら、話はすこし込み入っています。

魂が想像されるとすぐに、私たちは現在自分たちが住んでいる物理的宇宙の一員となり、それを経験するために宇宙の喜びと至福を置いてきました。もともと、私たちは「ひとつ」の魂、家族、生命でした。別離も完全な喜びもどんな言い知れぬ至福もありませんでした。 しかしながら、私たちが神の領域から離れ、そことは正反対で二重性をもつ宇宙(=地球)の一員になったときに、すべてが変化しました。

ONE Soul(元々、全部であった)は分離し、時間をかけてますます小さく切り離し始めていきました。神の領域とは 正反対の物理的宇宙(=地球)で、人種、国、そして家族または個人として適応できるようになるためにこのようなことが起こりました。

魂の分裂のサイクルの終わりに、私たちの個々の魂は、最終的に非常に苦痛な決定をしました。 私たちはツインの片方と別れ、地球上で物理的な男性と女性になりました。

(中略)

魂の分離という経験をしたため、私たちは生涯をかけてもう片方の魂を絶えず求め、再会してまたひとつに戻りたいという欲求を持っています。
私たちがロマンスと関係性を捜し求める理由は再び別れた魂の片割れとひとつになりたいという切なる希望があるからです。それは私たちがなぜ家族をもつかという理由でもあります。 また、それは、私たちが神を求める理由です。 私たちは初めに感じた同じ同一性(ワンネス)を作り直そうとしています。(略)

-----プラトン

*****************************


結局、この日もなんだかんだと午後8時までしゃべりまくった。
旦那さんによくそこまでしゃべることがあるもんだとあきれられた。
女子はいつまでもしゃべり続けることができる生物なんだなぁ。


その数日後にペガサスが紹介してくれた人のところへ連絡をいれ、魂の出自を見てもらった。


ペガサスに出自をみてもらったよーん、ってメールしようとしたら、ペガサスからメールが来ていた。
メールを開くと、ペガサスは月末に日本へ引越しをする、とのこと。
えぇーん、会ってまだ1ヶ月も経ってないのに!?悲しすぎる~



そしてそれからまた数日が経ち、私は引越し準備を手伝うためペガサスの家へ行った。


彼女のルームメイト・ナナが数日前から手伝っていたのでペガサスの部屋はほとんどもう空っぽだった。私はペガサスの服をたたんでダンボールにつめる作業をすることにした。
しかし、ペガサスが衣装もちだったのと、着たことのないようなセクシーなドレスをナナとペガサスと三人で鏡の前であれが素敵これがかわいいって遊んでいたからまるで終わる気配がない。
遊びつかれて(笑)ペガサスがお茶をいれてくれたのでしばし休憩することに。


ぺ:「そうだ、Marianong。で、あなたの魂の出自はどこだったの?」
私:「あー・・・。私、どうやら落ちこぼれだったみたいなの・・・。どよん」
ぺ:「どういうこと?」
私:「私の魂は二回ディセンション(次元降下)してるって言われたの・・。
その人が言うには、一度次元降下したあと、ワンネスに行ったんだって。
それでも同じ魂がまた次元降下して今この地球にいるみたい。
いろんな星を渡り歩いているから住んでいた星を特定することは不可能だって言われたんだよ・・・。
ディセンションするっていうことはよっぽどその星で落ちこぼれていたっていうことやんね・・・。
アセンション出来なかった魂は別の惑星にディセンションするって聞いたことがあるし・・。
アカシックで過去生も見られなかったし、今回も魂がどこから来たのかわからないって言われて・・。
私はいったい何を過去にやらかしてたのかなぁ・・・。」

ペガサスはちょっと考えた様子でしばらく何も言わなかった。
その様子から私は、あぁやっぱりか、ってちょっと凹んでしまった。


ぺ:「・・・ちょっと聞きたいんだけど、あなたは自分のご主人をツインソウルだと思う?」
私:「え??あぁ、ツインソウルかどうかはよくわからないし、ツインソウルの意味も正直しらないんだけど縁はあると思うんだ~」
ぺ:「それはどうして?詳しく教えて。」
私:「えーと、私と旦那さんは出会ってから結婚するまで10年かかってるんだよね。その間ずーっとマイル級の超遠距離恋愛だった。それでも2回くらい本当に絶望して別れたこともある。

一回目は2001年かな。結婚するんだったらどこかに移民しようって決めたの。最初はニュージーランドに申し込もうと思ったんだけど旦那のポイントが足りないことが判明して、それじゃあって、カナダに申し込むことにしたの。それで2001年の10月にビザが取れる予定だったんだけど、9月にアメリカ同時多発テロが起こったの。そしたら、カナダ移民局がテロ対策かなんかでビザ発行を中止したんだ。

そのとき、私は旦那の国で生活していたんだけど、彼の国にテロリストが潜んでいるとかなんかで、日本の外務省が彼の国への渡航中止、日本人は皆帰国しろって言ってきてさ。
親も帰ってこいって電話をかけてくるし、旦那も「いつビザが下りるかわからないし、これは個人ではどうも出来ないから一度別れよう」って言われて・・・。私は泣く泣く日本に引き上げてきたわけさ。

親もやっと賛成してくれて本人たちも結婚する気満々なのに結婚できないってどういうこと?って嘆いたよ。。。それから資格とって再就職して半年後かなぁ。旦那がひょっこりと日本に出張になってまた出会えたんだよ。旦那が日本に出張に来なかったらきっと二度と会うこともなかったんじゃないかなぁ。

二回目はそれから4年後かな。旦那がカナダで働くことができたので、私もワーホリを取ってカナダに渡ったの。もう結婚する気満々で(笑)パラダイスが待ってる!って本気で信じてた。
そしたら全然パラダイスじゃなかった。旦那は工場で働いていてたんだけど時給が11ドルだった。
日本円換算(現在)だと840円よ?それでは2人で生きていくには全然足りなくて、仕事が終わった後はピザのデリバリーをしてた。私は病気になって働けなかったので、毎月貯金を崩してた。家具をそろえるお金も無くてTV台はダンボールだったし、ソファはどっかから拾ってきたものを使ってた。
移民の現実をそこで知ったよ。ぜーんぜんパラダイスじゃなかった。ここでは誰を知っているかって結構重要なんだけど、親戚もいなかった私たちはコネもない。結婚してもお金がないから子供は持てそうに無いと思った。

ビザが切れるので私は日本に帰ったんだけど、もうカナダには戻らないかも・・って思った。電話はしてても将来の話はしなかった。旦那も自分の国へ帰るつもりをしてたって後で聞いた。
そんな私たちに転機が訪れたの。彼の元同僚がこの町(今私が住んでいる町)には仕事があるから引っ越して来いよって言ってくれて、旦那が先にこの町へ引っ越してきた。仕事も自分のキャリアが生かせるものだったの。給料もあがって「もう安心して暮らせるよ」って言ってくれて・・。それで旦那のもとへ戻ったの。で、今に至るわけ。

・・・あ、話が長すぎたね。えと、何だっけ。ツインソウルの話だったよね?」

ぺ:「・・・・次元下降を2回もしてて、1回目はちゃんと目覚めてワンネスに行ったけれど、それを再度するなんて・・・。考えられるのはあなたは自分のツインを探していたのかもよ!?
これはあくまでも仮説だけど。

生き別れたツインに会う方法は、自らが、己の次元を捨てて、地球のような惑星に飛び降りるしかない。ほとんど自殺行為で、目覚める確立は五分五分。
ただし、ツインと結ばれたなら、それ自体が神のリワードなので、あなたは命を張って使命の道を生きることになるわ。。そして、あなたのルーツである種族がコンタクトしてくるの・・。
どう?あなたはご主人をツインだと確信する?」

私:「えぇ・・。そんなたいそうな人間じゃないし・・・。使命の道っていわれても・・。ちょっと正直混乱してる・・・。」

今、このブログを書いている瞬間、旦那は最近買ったPS3にはまってわきゃわきゃ騒ぎながらゲームしている。この子供みたいにはしゃぐ旦那が、私が体を張ってディセンションしてまで出会いたかった魂の片割れと言われても・・・・ぷっ。

よく考えてみると、私が精神世界に興味を持ち始めたのって、旦那とカナダで一緒に暮らし始めてからだもんね。。
あの時、お金がなくて、医者にも行けなくて、そのくせオバケ(←ぺ:「宇宙人よ!」)に夜な夜な悩まされて自分で自分を何ともできないような状況に陥らなければきっと今でも興味なんてもたなかった・・・かも・・?




ギョエ~~!






これって、天上から作られた道ってことなの?
私と旦那は試されていたってことなのかな?


謎だ・・・・。



・・・・。


ぺ:「まぁ、今は確信できなくてもゆっくり理解できればいいわよ。」
私:「うん、ありがとう・・・。」


それから、ペガサスは私と友人にマニキュアやら化粧品やらアクセサリーやらその他もろもろをくれるというのでナナと二人でバーゲン会場に行ったみたいに取り合いになった。(笑)


ふと、和みなおしたところで、さっきのペガサスの話が気になった。
ペガサスは月末にはこの町をでてしまうので、聞きたいことは遠慮せず聞いておかないともう話すチャンスがないかもしれない。


私:「ペガサスが紹介してくれた人に、私の魂のルーツがわからないって言われたんだけど、それって以前アカシックを読んでくれた人にも過去生が見れないって言われたのって同じ原因なのかな?
そもそも原因がなんだかわからないんだけど。自分じゃこういうのって見れないし、うぃ~、どうしたらいいのかなぁ。」

ぺ:「そうねぇ。このことを言ってあなたが納得するかどうかわからないけど。
前にも行ったけど、私があなたに初めて会ったとき綺麗にエネルギーが流れてないからびっくりしちゃって。本当ならこっそり自分を宇宙とつないでヒーリングするんだけど、あなたにやろうと思ったら何かが私を止めたのよね・・・。
きっとあなたとコンタクトを取りたい誰かが居るんだわ。おそらく、私の知人もそのアカシックリーディングをしてくれた人にもその「誰か」が止めたんじゃないかしら。
だからあなたは自分で自分のルーツを探すしかないんだと思う。」

私:「そうなんだ・・・。」


私はあまりがっかりしなかった。いや、がっかりはしたけどなんとなくそんな感じがしていた。
どちらかというと、私は誰か先生についてその生徒同士でわいわいやりたいほうなんだけど、いつもそういう方向に進みそうになると、思いがけぬアクシデントが発生してばっさりと道が閉ざされる。
先生の言うことが一番になって自分の頭で考えなくなるから、それは「ダメ!」って言われてるのかも。
結局、誰かに答えを求めるのではなく自分で答えを見つけなければならないんだ。


あ、そういえば、一番肝心なことを聞くの忘れてた!


私:「ねぇねぇ、ペガサスさ、私に最初に会ったときに私たちは一緒の宇宙船に乗ってたって言ってたけど、それはどうしてわかったの?」


私の魂の出自の話が本当だとすると、私はいろんな星を渡り歩いている先でペガサスと同じ船に乗っていたということになる。そしてこうやって地球で二人は出会っているって考えると人生って面白いなぁ!


ぺ:「アンドロメダ星系の船は地球のグリッドの向こう側に停泊中だけど、別種族や外宇宙からの人も乗船可能なの。偶然で出会うことは無いから、、、どこかで繋がっているはず。
それに、ナナからあなたがここへ遊びに来ることを聞いた日に、「丁重におもてなしを」って宇宙の仲間たちから連絡があったの。だから、あぁ、きっと同じ宇宙船に乗っていた仲間が来るんだとわかったのよ。」
私:「へぇ~。どうやってその仲間と連絡を取ったの?」
ぺ:「その晩彼らが私に会いに来たのよ。それでコンタクトしてきたの。」
私:「会いにって・・・。この家に来たの?」
ぺ:「ええ、そうよ。ちょうどこの家の上に船を泊めてね。」




の上に船・・・・・って。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・み、見たかったぁぁぁ!!





<つづく>




おまけ:

September 11, 2001 (2007-MEMORIAL) What More Can I Give?


先日逝去されたマイケルジャクソンさんが米・同時多発テロ被災者支援のため企画された幻のチャリティシングルです。(なぜかCD発売はされていません)
とても素敵な曲なので、歌詞もあわせてご覧ください。

作詞・作曲・企画・Michael Jackson
参加アーティスト:Mariah Carey,Celine Dion,Beyonce Knowles,Usher,Ricky Martin,Justin Timberlake他




歌詞

How many people will have to die before we will take a stand
How many children will have to cry, before we do what we can
If sending your love is all you can give
To help one live, mmm

How many times can we turn our heads
And pretend we cannot see
Healing the wounds of our broken earth
We are one global family
Just sending your prayers
Is something you feel
Helping one heal
What have I got that I can give
(What have I got that I can give, tell me)
What have I got that I can give, yeah, oh
To love and to teach you
To hold and to need you
What more can I give (what more can I give, yeah)

Brother to brother, lay down our fears and reach out and make a pact
Show him the love that is in our hearts, let us bring salvation back
Just sending your love has the power to heal
So let's all give

What have I got that I can give
(It's not a lot to give, just a little bit)
What have I got that I can give
(Everyone should be a part of it)
To love and to teach you
To hold and to need you
What more can I give

Say the words, I'll lay 'em down for you
Just call my name, I am your friend
See then why do they keep teaching us
Such hate and cruelty
We should give over and over again

What have I got that I can give
(We should give over and over again)
What have I got that I can give
(Oh my God, oh my God)
See, to love and to teach you
To hold and to need you
What more can I give

What have I got that I can give (aah)
What have I got that I can give
(Give to you, give to you)
See, to love and to teach you
To hold and to need you
What more can I give (Oooh)
[Repeat]

What have I got that I can give
(Give to you, we're gonna give to you)
What have I got that I can give
To hold and conceal you
To love and to heal you
What more can I give

What have I got that I can give
(What have I got)
(Send them your prayers)
What have I got that I can give
(Show the world how much you really care)
(To love you)
To love and to teach you
(To hold you, to need you)To hold and to need you
What more can I give

What have I got that I can give...



こちらもよろしくお願いします。あなたの愛が必要です。

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちのために・・・
ワールド・ビジョン・ジャパン

武力紛争地域、難民キャンプ、開発途上地域などに緊急医療援助を!
国境なき医師団





関連記事
スポンサーサイト

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。