Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

そんなあなたのこんなお話。Vol.1

2008
01
22
ring
先日、Donation&Charity in Canadaというブログを書きました。

「でもさー、募金とか寄付とかって偽善ぽくね?」
「そんなことをしても自分に何も返ってこないじゃん。絶対、損!」
「無理無理。そんな金銭的に(精神的に)余裕ないし。こっちが助けてもらいたいくらいよ。」
    

と、いう人もいるのではないかと思います。



今日は、そんな「あなた」のこんなお話。



ワタシは飲食関係の会社で働いている。
英語でいういわゆるFine Dinningのお店で、オシャレで雰囲気もよく、デートにはオススメの場所かも♪
通常のレストラン業務はもちろん、企業のパーティや結婚式・二次会としても使われている。
オシャレなところで働きたくて入社したら、社長もマネージャーもスタッフも皆若くって、しかもみんな小綺麗☆イケメン率高い☆
ワタシのところの一番偉いAマネージャーなんて20代後半なのに年収はワタシの4~5倍!
社内一の出世頭、ハンサムで人情に厚く、しかもお洒落なので皆からも好かれてる。
でも、Aマネージャー嫌いなのよね。体育会系のノリがダメ。いちいちアツくなるのって受け付けないし。



そんな職場ももうすぐ退職する予定。



憧れて、それなりに勉強して入った職場だったんだけど、働くうちになぜか本来の自分とずれてきた。
でも、限界を認めたくないから無視してた。そのうち何も感じなくなった。喜びも怒りも悲しみも。

そのうちにぎっくり腰になった。この会社に入ってから3回も。
痛み止めを打って、薬を飲んで無理やり仕事はしたの。
帰りには接骨院に行くのが日課よ。
痛くて歩けないときはタクシーで。携帯に電話番号も入ってるし。
眠れないから睡眠薬ももらって。安定剤はいつも引き出しに常備。




・・・最後に笑ったのはいつなんだろう?





ある日、病院の帰りに交通事故に遭ったの。
車のエアバッグが開く瞬間を見るとは一生ないだろうと思ってたのに。
大きな怪我はなかったもののムチウチで休職。

病院の帰り、タクシーを待ってたら青い空があって。
久しぶりに空を見た気がする。
そしたら、遠距離の彼氏から電話。
メールに「事故に遭いました」っていれたから、心配してかけてくれたみたい。
プライドの高いワタシは公共の場で泣くなんて、そんなミットモナイことは普段絶対しないけど、彼氏のやさしい声を聞いてたらボロボロ泣けてきた。
周りには、あのコ、フラれてかわいそーに、って思われてるんだろうな。


もうつらいよ。君のところにいきたいよ、って言ったら、「いいよ、おいで」って。


それで、退職を決めた。

**************

職場に復帰したら転勤をほのめかされた。
その会社でずっとやっていこうと思うならチャンスなんだけど。
でも、もう終わりにする。


退職願いを出したら、肩の力が抜けた。
ためてた有給休暇が残ってたので、実質2週間後には退職。
これでワタシは面倒なことからは開放される。
きっと薬の量も減るんだわ。ウフフ。




なのに。


目の前の同僚が、



「彼があと3ヶ月の命だっていわれたんです。どうしても彼を助けたいんです。でも、お金がなくって・・・・」



ジョーダンジャナイ。
自分ノコトデイッパイイッパイナノニ。
ナンデコンナ面倒ナコトヲヒキウケナクチャナラナインダ。





 (つづく)



あー、この話暗い・・・って思った方は、 
 お願いします(笑)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

wax

しえ~~
つ、続きを早くお願いしますっ!
けど、気持ちのイヤイヤは、
ちゃーんと身体がOUTPUTしますね。
ステキな彼氏さんで、よかった~♪

2008/01/24 (Thu) 02:53 | HIRO #d7pnbF.k | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Trackback

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。