Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

願兼於業

2009
07
13
ring
友人に許可をもらったので転載します。


***********


願兼於業(がんけんおごう)


中国語ではありません☆
仏教用語です。

「願、業を兼ぬ(がん、ごうをかぬ)。」と読みます。

意味は、本当はシャンバラ(浄土)に生まれるべき者が、広く多くの
衆生を救うために、自ら願って誓願して悪世に生まれることです。

つまり、

①「今生は多くの人を救います!」と誓願を立てて・・・
②でも上からいくら汚れた世界を見てても救えないから
③飲まなくてもよいおもりを飲んで・・・
④わざわざこの世界へ降りてきた人


ということです。

このような人はある理由から、今この時期に「もしかしたら自分は
人を救う使命を持っているっぽい
」ことに気づいています。

だから自分が生まれる環境やデメリット(欠点。お金がない家庭とか、
病気とか・・・精神的な弱みとか。)をあらかじめ設定して生まれて
きています。

そしてそういう自分が選んだ境遇と似たような人々に正しい法を
広めます。というか、もともとその人たちを救うために自分で自分の
生まれる所を設定してくるわけだから、当然といえば当然です。


**************

ディセンション、ですね。

この記事を読んでくださってるあなたもそうかもしれませんよ!?



関連記事
スポンサーサイト

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。