Simple life

Receive All, Love All

rose

Post

日々を楽しむためには 1

2009
08
21
ring
今月はじめにCultural Festivalへ行ってきた。
私の住んでいる町から車で3時間かかったけど、助手席でぼぉーーっとしながら外の景色を見るのが大好きなので楽しかった。




待ち合わせ場所で友人たちと合流。
メンバーは私とダーリン、ダーリンの友人のBJ、その彼女リーナ、彼らの友人のヴィック&ジョセフ。(全員仮名) 私を含め、皆、他の国から移民してきた。


BJとリーナは家に遊びに来てくれたことがあったので一応、顔見知り。
二人は日本で働いてたことがあるので日本語が少しできる。
BJに会うと「ハーイ、marianongサン!コニチハ!」って、握手しながらお辞儀wwwww
「あ、どうもどうも」と私も握手しながらついついお辞儀。
ヴィックとジョセフはその不思議な光景にきょとんとしてるが、日本で住んでいたことのあるリーナとダーリンは大受け!!
握手をするもついついお辞儀してしまう日本人の性


ヴィックとジョセフにはちゃんとお辞儀なしの握手。
JBもだけど、ヴィックもジョセフも凄く笑顔がいいんだよね。
愛想笑いでも社交辞令でもない心からの笑顔。
私もつられてニッコリしちゃう。


リーナとは頬キス。
彼女の国の習慣なのだが、会ったときは頬キスで、別れるときはHUGをする。
たいてい年上のほうから誘われるのだが、同い年くらいに見える場合はどっちからやってもいいみたい。
まぁ、頬キスっていっても頬を左右に一瞬あわせただけなんだけど、何度やってもどきどきしてしまう。
リーナと頬を近づけたときに彼女のperfumeがふわっと香るんだよね~。
こういうのってとてもsexyだと思う。
胸や足を露出するだけがsexyじゃないのさ。

リーナはなぜかよく私に触れてくるので嫌われてはいないだろうし、彼氏のJBをほっておいてわざわざ日本語で私に話しかけてきてくれるのでありがたいなぁと思う。

リーナ:「日本食ハオイシイヨネ!」
私  :「そうね。リーナは何が好き?」

リーナ:「ヤキニク!! 」。.:*・゜(≧∀≦)*:.。


それは日本食なのかい・・・。(-ω-;)ウーン・・・



会場まではバスを使って移動し、約20分後に到着。
Festivalの案内図を貰うと、各国のブースが50件ほどあった。
わたしがどこに行く?って聞いたら、

リーナ:「モチロン日本ヨ!」

レディーファーストの国なので男性陣は女性の提案を断りづらいのだけど、みんなが「OK!」って。


私がたらたら歩いてたら皆とはぐれてしまったので、見つけたリーナが手をつないでつれて行ってくれた。
この国じゃ、同性同士が手をつないでいたらカップルだと思われてしまうんだけど、もちろんそういう意味はないことは重々承知。
しかし、友達と手をつないだのは小学校以来じゃないかな~?
ハハハ・・。


09Edomonton 015

何故鳥居・・・そして何故鯉のぼり・・・。

珍しいのか客がカメラでパシャパシャ。
私たちもついでにパシャパシャ。


日本ブースでは、浴衣を着て撮影してくれるサービスと、剣道・空手のパフォーマンス、なぜか囲碁と盆栽の展示(渋すぎやろ)、タコ焼き、お好み焼き、焼き鳥とそしてなぜか冷やっこの販売。
それぞれ好きなものを買って食べました。


隣のブースは東欧の一国でした。(国名忘れました)
09Edomonton 014


会場について30分も立たないうちに大雨になった。
あわてて屋根のあるブースに避難。

会場側はもう雨がやむ見通しもないので、フェスティバルを中止するアナウンスを出した。
私たちは小雨になったころを見計らって、帰りのバスを待つことになった。

バス停ではもう行列ができていて、臨時便のバスが出るもののなかなか私たちの乗り場まで回ってこない。雨も小雨になったとはいえやむ気配なし。
バスを待つ人たちは雨に濡れて機嫌が悪いのか、皆静かに並んでいた。

私は本当に小さいころから体温調節が難しくて、寒くなったり雨に濡れたりすると体がすぐに冷えてしまう。
だから私は雨が苦手。気もダダ下がり。


やたらおとなしくなった私に気づいたのか、ジョセフが話しかけてきた。
「marianong、スーパーマンのサイズは何だと思う?」

「え・・・?クラーク・ケントやったアクターって背が高そうだからLサイズじゃないの?」

「違うよ。Sサイズだよ。胸に”S”って書いてあるじゃん!だからあんなにピチピチなんだよ!!」







superman23.jpg


ぶっっっ!!


リーナも他の男性たちもおなかを抱えて大笑いwwwwwwwww
ア・・・・アホすぎて笑える!!


そうすると調子に乗ったヴィックが、
「スーパーマンとバットマン、スパイダーマンの中で仲間はずれは誰だ?」

リーナ:「スーパーマンじゃない?彼だけマスクしてないし」
ダーリン:「僕もスーパーマンだと思う。彼だけ動物に変身しない」
ジョセフ:「スパイダーマンだよ。彼だけマントがないよ?」
JB:「え、バットマンじゃないか?彼だけ変身前も成功した男性でかっこいいし。あとの二人は変身前はなんだかなさけないじゃん」


て、皆どれだけスーパーヒーロー好き??



一応、私にも聞いてくれたけど、本当にわからなかったので、「No idea」と答えておいた。

するとヴィックが、

「うん、皆いい答えだ!でも僕のは違うんだ。答えはスーパーマンさ!」

皆:「WHY??」







「彼だけパンツをタイツの上から履いているからさ!」  ←(解説自重)





!!wwwwwwwwwwwブハハハハ (≧∇≦)人(≧∇≦) ブハハハwwwwwwwwwwwww!!





JB:「Good smile! 記念に写真でも撮っておこう♪」と言って、雨の中をカメラでバシャバシャと取り始める。



この雨に耐えて静かに待つ人たちの中で、私たちのグループは異様に騒がしく見えたことだろう。


バスに乗れるまでこんな調子でバカなことをしゃべりながらずっと笑っていた。
最近、心のUP-DOWNが激しくて正直疲れていたから、楽しくてしょうがなかった。



長くなりそうなので次回へ持ち越し。

関連記事
スポンサーサイト

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。